ノルウェーのビザ申請方法

Menu

ノルウェーのビザ申請方法

ノルウェーのビザ申請方法

ETIAS(エティアス)を利用してのノルウェー渡航

日本国籍の方が90日以内の観光や商用を目的にノルウェーを訪れる際、ビザを取得せずに入国が認められます。ただし、2022年より導入が予定されている渡航認証制度ETIAS(エティアス)施行後は、事前に渡航認証の申請が必須となります。ETIAS(エティアス)はノルウェーを含むシェンゲン協定加盟国へ渡航する際に年齢を問わず必要となる渡航認証です。シェンゲン協定加盟国への渡航を予定している方は、有効なパスポートとクレジットカードを用意し必ず申請手続きを行いましょう。申請には個人情報、パスポート情報、渡航情報などの入力が求められます。
なお、ノルウェーで留学やワーキングホリデー、就労などを目的に90日以上滞在する際は、ビザではなく滞在許可を取得する必要があります。このページでは滞在許可の必要書類、申請方法、申請場所について解説します。

ノルウェー渡航におけるビザ(滞在許可)について

日本国籍の方がノルウェーに90日以上滞在する場合、ビザではなく滞在許可の取得が必須となります。ワーキングホリデーや留学、就労、家族との同居などを目的に長期滞在を希望する方は、渡航前に滞在許可の申請手続きをお願いします。オンラインで申請後、ビザ申請センターにて必要書類の提出と生体認証の登録が必要となります。

ノルウェーの主なビザ(滞在許可)の種類

EU加盟国、欧州経済領域(EEA)以外の国籍の方を対象とした主な滞在許可は以下の通りです。

留学 / Study permit

大学、専門学校、高等学校、フォルケホイスコーレ(成人教育機関)などへの留学が対象となります。

就労 / Work immigration

主に以下の方を対象に滞在許可が発行されます。なお、ワーキングホリデーは交換プログラムに該当します。

  • Skilled workers(熟練労働者)
  • Exchange programmes, culture and organisational work(交換プログラムおよび文化、組織的な仕事)
  • Vocational training and research(研修生と研究者)
  • Seasonal workers(季節労働者)

ノルウェー在住者の家族 / Family immigration

一般的にはノルウェー在住者の配偶者またはパートナー、18歳未満の子どもが対象となりますが、18歳以上の子ども、親、婚約者、兄弟なども申請が可能です。

ノルウェー渡航のためのビザ(滞在許可)申請方法

滞在許可はオンラインで申請後、ビザ申請センターにて申請書類の提出、生体認証の登録が必要となります。このページでは留学、就労、家族との同居、ワーキングホリデーの申請方法について解説します。下記以外の滞在許可の申請方法については入国管理局のページをご確認ください。

申請書類:留学(Study permit)

滞在許可申請書

オンラインでの記入となります。

パスポート

原本と使用済みページのコピーをご用意ください。

カバーレター

オンライン申請完了後にメールで送付される添付ファイルを印刷してください。

証明写真 2枚

パスポートサイズで白背景の証明写真をご用意ください。

入学許可証

留学先からの入学許可書をご用意ください。

滞在先証明書

賃貸の場合は家の所有者、管理者、住宅共同組合の承認を得た賃貸契約書をご用意ください。教育機関の寮に滞在する方は、入学許可書に寮についての記載がある場合に限り提出不要となります。

滞在資金証明書

滞在費として年間126,357ノルウェークローネ(日本円で約167万円)以上の所持が求められます。同等額の資金を所持しているか、所持金と現地でのアルバイトの賃金で条件を満たすことを証明する必要があります。州教育ローン基金(Lanekassen)からの支援表明または他の助成金を受けていることを示す書類、ノルウェーでのパートタイム労働に関する労働契約書、銀行取引明細書などをご用意ください。

学費の支払い証明書

学費の支払いが可能なことを証明する必要があります。学校が発行した授業料の領収書、国家教育ローン基金からの支援表明書または他の種類の助成金を受けていることを示す書類、ノルウェーでのパートタイム労働に関する労働契約書、銀行取引明細書などをご用意ください。

UDIのチェックリスト

入国管理局(UDI)のページにある必要書類のチェックリストを印刷してください。日付の記入と自筆の署名が必須となります。

留学先により追加書類の提出を求められる場合があります。また、18歳未満は保護者による同意書や出生証明書などが必要となります。詳細は入国管理局のページをご確認ください。

申請書類:就労(Work immigration)

滞在許可申請書

オンラインでの記入となります。

パスポート

原本と使用済みページのコピーをご用意ください。

カバーレター

オンライン申請完了後にメールで送付される添付ファイルを印刷してください。

証明写真 2枚

パスポートサイズで白背景の証明写真をご用意ください。

滞在先証明書

賃貸の場合は家の所有者、管理者、住宅共同組合の承認を得た賃貸契約書をご用意ください。

UDIのチェックリスト

入国管理局(UDI)のページにある必要書類のチェックリストを印刷してください。日付の記入と自筆の署名が必須となります。

上記に加え、雇用形態や職種により雇用契約書、学歴証明書、職務経歴書、履歴書などが必要となります。詳しくは入国管理局のページをご確認ください。

申請書類:ノルウェー在住者の家族(Family immigration)

滞在許可申請書

オンラインでの記入となります。

パスポート

原本と使用済みページのコピーをご用意ください。

カバーレター

オンライン申請完了後にメールで送付される添付ファイルを印刷してください。

家族関係を証明する書類

ノルウェーに在住する家族との関係を証明するため、戸籍謄本などが必要となります。

上記の他、ノルウェーに住む家族が保持している滞在許可証や就労状況などにより追加の書類が必要となります。詳細は入国管理局のページをご確認ください。

提出書類について

ノルウェー語または英語以外で発行された書類を提出する場合は、認定翻訳者による翻訳文の添付が必要となります。

ノルウェーのワーキングホリデー

日本とノルウェーのワーキングホリデープログラムは2013年に導入されました。満18~30歳が対象となり、主に休暇や国際交流を目的として最長1年間の滞在が認められます。ノルウェーではワーキングホリデーでの滞在許可が「Work immigration(就労のための滞在許可)」に分類されています。滞在費の補填を目的とした付帯的な就労が認められますが、同じ雇用主の下で6か月以上働くことは禁止されています。また、語学学校などに通う場合は3か月以内とすることが求められます。

申請要件

  • 日本国籍であること
  • 日本に在住していること
  • 申請時点で満18~30歳であること
  • 有効なパスポートを所有していること
  • 3か月分の滞在費として少なくとも33,687ノルウェークローネ(日本円で約44万円)を所持していること
  • 健康であること
  • 全滞在期間に適用する医療保険に加入していること

申請書類

滞在許可申請書

オンラインでの記入となります。

パスポート

原本と使用済みページのコピーをご用意ください。

カバーレター

オンライン申請完了後にメールで送付される添付ファイルを印刷してください。

証明写真

パスポートサイズで白背景の証明写真を2枚ご用意ください。

滞在資金証明書

少なくとも3か月分の滞在費として33,687ノルウェークローネ(日本円でおよそ44万円)を所持していることを証明する必要があります。銀行口座の残高証明書などをご用意ください。

医療保険加入証明書(原本とコピー)

全滞在期間に適用する医療保険の加入証明書が必要となります。

滞在先証明書

滞在先を確保していることを証明する必要があります。ホテルの予約確認書などをご用意ください。

健康診断書

滞在中に入院が必要となる病気の兆候がないことを証明する必要があります。

UDIのチェックリスト

入国管理局のページにある必要書類のチェックリストを印刷してください。日付の記入と自筆の署名が必須となります。

提出書類について

ノルウェー語または英語以外で発行された書類を提出する場合は、認定翻訳者による翻訳文の添付が必要となります。

申請の流れ

手順1. 必要な滞在許可の種類を調べる

必要となる滞在許可の種類と必要書類、申請所要時間を入国管理局(UDI)のウェブサイトよりご確認ください。

手順2. オンライン申請

必要書類を揃えたら入国管理局のオンライン申請サイト「Application Portal」にてオンライン申請書を記入し、申請料をお支払いください。オンライン申請が完了した後、確認メールが届きます。メールに添付されているカバーレターは申請者が申請フォームに記入し、手数料の決済を完了したことを証明するものです。ビザ申請センターへの提出が必要となりますので、大切に保管してください。

手順3. ビザ申請センターでの手続き

ノルウェービザ申請センターにて必要書類の提出と生体認証の登録が必要となります。生体認証の登録は顔写真撮影と指紋採取が行われます。予約制となりますので、必ずビザ申請センターの予約ページより手続きをお願いします。
なお、審査の進捗状況はオンラインで確認することが可能です。

ノルウェービザ申請センター
郵便番号〒105-0014
所在地東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル4F
電話番号050-5433-7978
メールアドレスInfo.norjp@vfshelpline.com
公式サイトhttps://visa.vfsglobal.com/jpn/en/nor

手順4. パスポートの受け取り

審査が完了した後、確認メールが届きます。パスポートはビザ申請センター窓口または郵送にて受け取ってください。
ビザ申請センター窓口で受け取る場合は、身分証明書とビザ申請センターが発行した領収書が必要となります。
パスポート受領後は記載されている以下の情報を必ず確認し、誤りがある場合はノルウェー大使館またはビザ申請センターへご連絡ください。

  • 氏名のスペル
  • 滞在許可の有効期限
  • エントリーナンバー
  • パスポート番号

入国後の手続きについて

ノルウェー入国後1週間以内に在留カード(Oppholdskort/Residence Card)の申請手続きを行う必要があります。
在留カードに関する詳細は入国管理局のページをご確認ください。

ノルウェーへの入国条件

ノルウェー入国時に必要なもの

ノルウェーへ渡航する際は以下の準備をお願いします。入国カードは不要となります。

パスポート

ノルウェーを含むシェンゲン協定加盟国を出国する予定日から90日以上の有効期間があることをご確認ください。
トラブルなどで滞在期間が延期となる事態に備え、有効期間が1年未満の場合はパスポートの更新を強く推奨します。

ETIAS(エティアス) ※2022年より運用開始予定

現在、有効なパスポートを所持している日本国籍の方が90日以内の観光や出張などを目的にノルウェーへ渡航する場合は、ビザの取得が免除されます。ただし、2022年より導入が予定されている事前渡航認証ETIAS(エティアス)の施行後は、渡航前にETIAS(エティアス)の取得が必須となります。ETIAS(エティアス)を利用して渡航する際は一度の渡航につき最大90日間の滞在が認められ、3年間有効となります。ノルウェーを含むシェンゲン域内で90日以上の滞在を希望する場合は、ETIAS(エティアス)ではなく居住許可の申請が必須となります。また、就労を目的として渡航する方は90日以内の滞在であってもETIAS(エティアス)申請の対象外となります。現地での就労を希望する方は労働許可と居住許可の申請をお願いします。詳しくは駐日ノルウェー大使館のビザページをご確認ください。

新型コロナウイルス対策に伴う追加書類について

新型コロナウイルスの防疫を目的として、ノルウェー政府は国外から入国する渡航者に対し水際対策を強化しています。入国手続きをスムーズに行うために以下の携行を推奨します。

  • 日本からの入国を認めるノルウェー政府やEU機関発行のニュース記事
  • PCR検査による新型コロナウイルスの陰性証明書(英語表記)
  • 日本での居住を証明するもの(運転免許証や滞在許可証など)
  • 留学やビジネスを目的とした渡航の場合はそれらを証明するもの(英語表記)

入国制限や検疫に関する要件は日本や欧州諸国の感染状況により変更となる場合があります。渡航前にノルウェー政府のホームページより最新情報を入手してください。 ノルウェーの新型コロナウイルス関連情報はノルウェーの入国制限と最新情報のページもご確認ください。

入国の流れ

ノルウェー到着後の手続きは以下の手順となります。各手続きは時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

1. 入国審査(Passport Control)

現在、日本からノルウェーへの直行便は未就航のため、渡航する際は他国で乗り継ぎを行う必要があります。シェンゲン域外の国で乗り継ぐ方はノルウェーで入国審査が行われます。入国審査カウンターはEU国籍の方とEU国籍以外の方で分かれており、日本国籍の方は「Non EU Nationals」と表示されたカウンターでの手続きとなります。入国審査官へパスポートや復路航空券の控え等を提示し審査を受けてください。シェンゲン域内の国で乗り継ぐ方は最初に到着したシェンゲン国で入国審査が行われ、ノルウェーでの入国審査が免除となります。日本からノルウェーへ渡航する際は、乗り継ぎを行う国の入国要件も併せてご確認ください。

2. 荷物の受け取り(Baggage Claim)

搭乗前に荷物を預けた方は荷物の受け取り所の案内板を確認し、利用した航空機の便名が表示されたターンテーブルで待機してください。ベルトコンベアから流れてくる荷物をピックアップする際は必ずタグとの照合をお願いします。預けた荷物の破損や紛失など不備が確認された場合は、空港の係員にタグを提示し対応を求めてください。

3. 税関申告(Customs)

税関は自己申告制となっており、申告が必要な方と不要な方で通路が分かれています。申告が不要の方は緑色の通路へ進み出口へ向かってください。申告が必要な方は赤色の通路へ進み手続きを行ってください。なお、緑色の通路へ進んだ場合も持ち込み品の確認が行われることがあります。申告漏れが確認された場合は厳しく処罰されますので、申告が必要かどうか不明な場合は赤色の通路へ進み審査を受けてください。

未成年者の渡航

18歳未満の方が両親を伴わずにノルウェーへ渡航する際は、同行しない親権者が渡航に同意していることを証明する渡航同意書の携行が必要となります。渡航同意書は未成年者に対する国外への不当な連れ去りを未然に防ぐことを目的とし、提示できない場合は出入国時に説明を求められる場合があります。未成年者がノルウェーへ渡航する際は、不要なトラブルを避けるために渡航同意書の携行を推奨します。渡航同意書のほか、署名確認のため親権者が所有するパスポートのコピーもご用意ください。

対象者

  • 単独で渡航する未成年者
  • 片親のみ同伴し渡航する未成年者

渡航同意書

渡航同意書は自由書式とし、以下の記載が必須となります。英語またはノルウェー語にて以下の情報と渡航に同意する旨を記載し、自筆による署名をお願いします。

  • 渡航する未成年者の情報(氏名・生年月日・パスポート番号)
  • 滞在先情報(滞在先名・住所・電話番号)
  • 親権者の情報(氏名・生年月日・住所・パスポート番号・電話番号)
  • 親権者以外の成人が同行する場合は同行者の情報(氏名・生年月日・住所・パスポート番号)
渡航同意書記入例
渡航同意書テンプレート

公証役場での手続き方法

渡航同意書に公的機関による認証は不要とされていますが、希望される方は公証役場にて認証を受けることが可能です。手続きの際は作成した渡航同意書と身分証明書の持参をお願いします。

手順1. 上記の作成方法やテンプレートなどを参考に渡航同意書を作成する。その際、親権者の署名欄は未記入とする。
手順2. 公証役場へ赴き、公証人の前で親権者が署名し認証を受ける。

認証手続きには時間がかかる場合がありますので、日にちに余裕を持って準備するようお願いします。
詳しくは近隣の公証役場へお問い合わせください。

ノルウェーの大使館、領事館へのアクセス

駐日ノルウェー大使館

郵便番号〒106-0047
所在地東京都港区南麻布5-12-2
電話番号03-6408-8100
開館日月曜日~金曜日
開館時間9:00~12:30、13:30~17:00
閉館日土曜・日曜・祝日
2021年度の休館日1月1日(金)元旦
1月11日(月)成人の日
2月23日(火)天皇誕生日
4月2日(金)聖金曜日
4月5日(月)イースターマンデー
5月1日(土)メーデー
5月3日(月)憲法記念日
5月4日(火)みどりの日
5月17日(月)ノルウェー憲法記念日
11月3日(水)文化の日
11月23日(火)勤労感謝の日
12月25日(土)クリスマス
12月26日(日)ボクシングデー
公式サイトhttps://www.norway.no/ja/japan/

在ノルウェー日本国大使館

所在地Haakon VIIs gate 9, 0161 Oslo
電話番号(+47) 22-01-29-00
開館日月曜日~金曜日
開館時間9:00~12:30、13:30~16:00
閉館日土曜・日曜・祝日
2021年度の休館日1月1日(金)元日
1月11日(月)成人の日
2月11日(木)建国記念の日
2月23日(火)天皇誕生日振替休日
4月1日(木)洗足木曜日
4月2日(金)聖金曜日
4月5日(月)イースターマンデー
5月13日(木)昇天祭
5月17日(月)ノルウェー憲法記念日
5月24日(月)ウィットマンデー
7月23日(金)スポーツの日
8月9日(月)山の日振替休日
9月20日(月)敬老の日
11月23日(火)勤労感謝の日
12月24日(金)クリスマスイブ
12月29日(水)年末休暇
12月30日(木)年末休暇
12月31日(金)年末休暇
公式サイトhttps://www.no.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

更新日 : 2021/07/06