ETIAS(エティアス)申請の対象国

以下の国のパスポート所持者はETIAS(エティアス)の申請が必要となります。

アルバニア、アンティグアバーブーダ、アルゼンチン、オーストラリア、バハマ、バルバドス、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルネイ、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ、エルサルバドル、ジョージア、グレナダ、グアテマラ、ホンジュラス、香港(※)、イスラエル、日本、キリバス、マカオ(※)、マレーシア、マーシャル諸島、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ共和国、モンテネグロ、ナウル、ニュージーランド、ニカラグア、北マケドニア、パラオ、パナマ、パラグアイ、ペルー、セントクリストファー・ネービス、セントルシア、セントビンセント及びグレナディーン諸島、サモア、セルビア、セイシェル、シンガポール、ソロモン諸島、韓国、台湾、東ティモール、トンガ、トリニダード・トバゴ、ツバル、ウクライナ、アラブ首長国連邦、アメリカ合衆国、ウルグアイ、バヌアツ、ベネズエラ

※中華人民共和国の特別行政区
※対象国は随時更新や変更となる場合があります。

ETIAS(エティアス)申請で滞在可能な期間

ETIAS(エティアス)を申請して取得された方は、1回の渡航につき90日未満の滞在が認められます。

ETIAS(エティアス)を一度申請した方は、目安ではありますが1年間の半分(約180日)のうち、90日以上ETIAS(エティアス)対象国に滞在していない限り、ETIAS(エティアス)が有効であれば複数回の入国が可能となります。ただし、頻繁にEU諸国へ渡航される方や90日に近い滞在日数を希望される方はETIAS(エティアス)申請の対象外と判断される場合がありますので、併せてビザの申請もご検討ください。